PICKUP

きっかけ

私は携帯を携帯する派なので、ベルトにつけるタイプのケースを使います。
座ったり動いたりするのに収まりがいいので、左斜め前につけています。

ある時、デザインが気に入って、お高めのベルトを買いました。
それをつけてみたところ私のウエストより結構長め。
これではスマホフォルダーにあたってしまうのです。

長さが変えられない!

仕方ないので根元で切って調整を・・・できない!?
長さ調整ができないベルトがあるなんて。・゚・(ノД`)・゚・。

気づき

売ろうか人にあげようか悩みましたが、ふと気づきました。

あ、時計回りに巻けばいいのか

早速、試してみたところスマホフォルダーの問題は解決。
短くする必要はなくなりました。

駄菓子菓子

でも・・・その時に考えました。
これ、男性は左で、女性は右とか、あるのではないか?と。

先生、出番です

グーグル先生に聞いてみたところ答えは

ん? どっちでもいい

先生、淡白です。

決まりは特にないようです。

なぜ?

じゃあ、なぜ左巻きが多いのか?

予想1

私の考えでは、右利きが多いからではないでしょうか?
左から通して利き手を使って右から前に持ってきて、バックルを通す。
やりやすいです。
たぶん理由はこんなところではないかと思われ。
こちらの画像を見てください。

偶然にも同じベルトを私も持ってます。
いや、問題はそこじゃない。
右巻きで左利きっぽいです。

予想2

あとズボンの合わせ部分は左側が上になってるから、つける時も、外す時も左巻きのほうが違和感がありません。
これも理由のひとつになってるんじゃないでしょうかね。

例外

デザイン

ベルトのバックルやロゴ・デザインなどが左巻き前提でつくられてるベルトは、そうしないとデザイン性がだいなしです。
文字の向きがひっくり返ったりとか・・・

今回のオチ

偉大な先生のお言葉をお借りして

 好きにすればいい

ということになりました。

あと高いベルトを買う時は長さ調節が可能かを事前調査してから買いましょうw

そういえば

女性も自由なんですかね?

Twitterでフォローよろしくです♪

この記事を見た人が一緒に見た記事