PICKUP!

ブラインド・タイプ

タッチ・タイピング(英: Touch typing)とは、パソコンやワープロにキーボード入力を行う際に、キーボード面の文字刻印に頼ることなく、指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩くタイピング技法。ブラインド・タッチ、タッチ・メソッドとも呼ばれる。

同ページの「呼称の変遷」は知っていましたが、なにより驚いたのが私は約30年の間、ブラインド・タイプと呼んでいたこと。
そう呼ばれてさえいないやん(´・ω・)え~

覚えたのが「タイプライター」向けの本だったから、そう書いてあったのかなぁ。
ブラインドが差別的じゃないか~とかで別称になったとかいう話は聞いてましたが・・・
ま、いいや。
時代に乗って・・・

タッチ・タイピングのススメ


タッチ・タイピングとは、キーボードを見ずに入力をおこなう打鍵手法です。

利点

・正確な高速入力が可能(仕事の効率アップ)
・手元を見ないため肩こりや眼精疲労などの予防
・キータイプが楽しくなる

まあ、キータイプが正確かつ早くなれば効率はアップしますよね。
私は生まれてから「肩こり」になったことがありません。
どんな感じなんだろう?と興味が沸くほどに(・ω・)
3つ目は、ふざけて入れた行ではなく、本当にキータイプが楽しくなります♪

欠点

・習得にある程度の時間が必要

もう、これにつきますね。
個人差がものすごく大きいです。
たとえば我流である程度早く打てるようになっちゃった人
全然知らない人より覚えるのが大変です。

よし! おぼえよう!!!

と決意した人のために私が覚えた方法を伝授いたします。

小さなことからコツコツと(名言)。

タッチ・タイピングの習得

はじめに

私は日本語入力はローマ字入力を使用しています。
つまり「カナ入力」は一切使用していません。

必要な環境
・パソコン
・キーボード
・メモ帳など文字入力が可能な環境

ホームポジション


実は、すべてのキーボードにはタッチ・タイピングをするための仕掛けが用意されています。
キーボードの【Fキー】と【Jキー】をよく見て触ってください。
他のキーとは違う所ありませんか?
「なんかポッチがついてる」とか「深さが他より深い」など。
そこに両手の人差し指を置き他の指を並べて置いた体勢がホームポジションとなります。
キーを入力した後、戻ってくる大事な場所です。
まあ、人差し指の位置さえ間違えなければ大丈夫。
人差し指を移動させた時には、他の指でホームポジションを掌握しましょう。

目標

さて、突然ですが、
みなさんは、なぜタッチ・タイピングを覚えようとしてますか?

ほとんどの方が「日本語の文章を入力するため」ではないかと思います。

ということで「日本語を正確に早く入力する」を目標にした内容で進行していきます。

ローマ字

ローマ字は人によって違う覚え方をしています。年代や環境が原因です。どうせなら、正しいローマ字を覚えましょう。

□ インターネットでタイピング練習 e-typing

このサイトの左下の方にあるローマ字入力早見表で確認しておいてください。
実は私は、この記事を書くために表を見た時に「ぁ」が「la」で入力できることを初めて知りました!
今までは「xa」だったんです。
いえ、「xa」でも正解なんですよ?
ただ左手イジメだったんです、「xa」。
みなさんもよく確認しておいてください。

あと、このサイトは、ある程度タッチ・タイピングを覚えたら、自分の力量や進歩具合がわかって便利なので覚えておきましょう。

さあ、はじめましょう

1ステップが、どのくらいかかるかは人次第ですが、練習時間は長時間やるより毎日30~60分だけ集中して行うほうが効率が上がります。
何分集中が続くかは人次第なので、ご自由に判断してください。
必ず【毎日】続けるようにしましょう!

あと、コレで完全!と思えるまでは次のステップにいかないようにしましょう。
曖昧なまま覚えてしまうと、あとで後悔します。

ステップ1 母音

まずは「あ・い・う・え・お」を覚えましょう。
英語だと「a・i・u・e・o」ですね。
アルファベット1文字ですむ日本語で、母音です。
最多登場キーなので重要です。

フェーズ1

キーボードを見ながらでいいので"aiueo"と繰り返し入力しましょう。
1文字入力する度に、ホームポジションに戻すようにします。
ゆっくりでいいので確実に。
もちろん徐々に早くしてみましょう。
慣れてきたら、次のフェーズへ。

フェーズ2

手元を見ずにモニタだけを見ながら同じことをおこないましょう。
思った以上に戸惑うと思います。
ゆっくりでいいので、ちゃんと打てるようになりましょう。
飽きてきたなぁ~と思えるようになったら次のフェーズへ。

フェーズ3

今度は順番を変えて好きに打ってみましょう。
これが自由にできるようになったら、ステップ1終了です。

ステップ2 子音

今度は2~3文字入力です。

フェーズ1 1キー+母音

「かさたなはまやらわん」の各行を1行づつフェーズ1と同じ方法で覚えます。

か行を例に説明いたします。
か=ka
き=ki
く=ku
け=ke
こ=ko

のように、子音+母音になるだけなので【Kキー】の位置を追加で覚えるだけです。
ホームポジションにいるので導入には最適です。
すべての50音を覚えるまでじっくりと取り組んでください。
得意不得意の行が出てくると思いますが、頑張って慣れましょう。

フェーズ2 その他

もう予想はつきますよね?
ぎゃ行や、ぱ行や、ぁ行を覚えていきます。
あと記号も忘れずに覚えておきましょう。

ここまでくると、かなりタッチ・タイピングができるようになってきていると思います。

フェーズ3 親指と右小指担当キー

ここまで使われていない親指。
実は大事です。
左親指はスペースキーを押すのに使います。
右親指は変換キーを押すのに使います。
変換キーを英字入力・日本語入力の切り替えにしておくと重宝します。

あと右小指は最重要キーを最後に担当してもらいましょう。

【ENTERキー】です。

最後に

おまけ1

聞いたことがある人もいるかもしれません。

タッチ・タイピング習得の定番文章です。

pa-kinngueriajuude、fannhazultutoyubanawomusu.
パーキングエリアじゅうで、ファンはずっと湯花を蒸す。

主役は英字です。
シッカリとキータイプを意識して入力してください。

この謎の日本語は「すべての母音・子音を最低1回は使用される」ようになっています。
確実にキータイプ力が上昇しますので、騙されたと思って繰り返し練習してみましょう。

おまけ2

□ インターネットでタイピング練習 e-typing
を利用されると自分がどのくらいのランキングかがわかって面白いです。
私は初めてやった時に・・・凹みました(´・ω・)ぅ

今回のオチ

数字は?

数字の入力は身体的特徴により難易度が変わります。
入力方法は今までのキーと同じなのですが、ホームポジションから一番遠い位置にあります。
指が短い人は、少々不利です。
しかし数字を押せるようになるとテンキーがないキーボードが使えるようになるので更に便利になります。
テンキーまで手を動かす時間も省略できます。

頑張って覚えましょう!

一緒に!!!
だって、指が短いんだもん。・゚・(ノД`)・゚・。

この記事を見た人が一緒に見た記事