PICKUP!

小指の痺れ

厳密には「小指と中指の半分の痺れ」という症状が起き始めて2週間、これは普通じゃないなということで、グーグル先生に聞いてみると、原因は多岐にわたり最悪の場合は命にかかわると・・・

即決実行

翌日(土曜日)から行動開始しました。

やってきました、「山口クリニック」ヽ(゚∀゚ )ノ
駐車場が6台しかないと聞いてたので1時間前に到着。
土曜日の午前中だけだし、さぞ混んでるだろうと予想して。

がら空きやん・・・まあ、よしとしよう。

写真を撮ろうと入口に近づいたら自動ドアが開いた!?
よく見ると名前を記入するところがある。

なるほど。
9時開院と聞いてたが、8:50から開院なのか。
ふぅ、あぶないあぶない。

開院

ほぼ待たされることなく診察を受ける。
質疑応答および指を触られたり首を曲げろだの両手を上げろだの言われる。
結果、MRIで検査することになる。
普通はMRIは事前予約をして、その日その時間にいくのがよくあるケースだが、コチラの病院は『MRIをもっている』のである。
選んだ理由のひとつ(*゚ー゚)b
MRIを受ける時に「はい、それでは35分ぐらいかかりますので動かないでください」と言われる。35分!? ちょっと驚きましたが稀有な心配でした。
開始後、3分で意識は途切れ、「はい、終わりました」の声で気がつく。
寝てた模様w

検査の結果、脳・血管・首から上は血管・神経共に問題がないと判明。
初めて自分の脳の血管の3D画像をみられました。
写真撮りたかったなぁ(・ω・)

今度は整形外科

「整形外科」に行くように書状を渡される。

同日、整形外科へ行く。
こんなこともあろうかと土曜の午前中にやっている病院を事前調査してました。


「中嶋クリニック」ヽ(゚∀゚ )ノ
いっつも混んでる病院で、前にもお世話になったことがあります。
有能な先生なので信頼度は高い。

また同じような質問・触診・体操wをおこない、今度はレントゲン。
腕を乗せるための高さ調整のために置いてある台が、リンゴが入っていたダンボールだったのには笑った。

原因判明

検査の結果、左肘が原因なことが判明。
左肘の骨がずれてきており神経を圧迫し始めているとのこと。
ほら、たまに肘をぶつけて腕がジーンとなることありませんか?
あれが小指だけ起きてる状態なのです。
骨事態に変形や削れや割れはないので、姿勢が問題なのでないかとのこと。
普段の姿勢(肘をついてないかなど)を気にかけ、できるだけ左肘を使わないように指示を受けました。
2週間湿布を貼って様子を見ることに。

今回のオチ

普段は意識してなかったんですが気がつくと左肘をつこうとしている自分に頻繁に気づく。
これが原因かぁ(・ω・)大山鳴動して鼠一匹

ま、脳血栓とかじゃなくてよかったよかった。
諭吉さんがおひとりいなくなりましたけどね(´・ω・)

少しでも笑顔になれたら友達に紹介してください♪

この記事を見た人が一緒に見た記事