PICKUP

eお薬手帳

お薬手帳、ご存知ですよね。
病院で処方箋をもらい薬局で一緒に出すとシール貼ってくれるやつ。
今は「お薬手帳を出さないとお金が取られる」の知ってますか?
最近変わりました。

存在意義

お薬手帳は「違う病院」に行った時に効果を発揮します。
今までどういう薬を処方していたかがわかるからです。

ところで。

ここ数年、避難が必要なレベルの災害が発生しまくってます。
いつ貴方がそうなってもおかしくはありません。
緊急避難時に思いつきますか?
 「そうだ! お薬手帳を持っていかなくっちゃ!!」
って。
私は絶対に思いつきません。
実際、被害に合われた方の多くが持っておらず、服用を続けている薬がわからず困る現象が発生しています。

お薬手帳アプリ


※アプリの起動が早すぎてw

そこで考えられたのが「お薬手帳アプリ」です。
お薬手帳は忘れても、スマホはシッカリと持って逃げている人が多いのです。


このアプリ、適当に誰かが作ったのではなく「日本薬剤師会」が元になり作成し、現在普及を進めています。



私は薬局でパンフレットをみた当日に使用を開始しました。
ちなみにiPhoneおよびアンドロイドどちらも無料で公開中です。

使用方法

起動するといろいろと入力を迫られますが、正直に入力して大丈夫です。
そして『薬情報を格納するため』のサーバーへのIDとパスワードの作成が必要です。
慣れない人は、この辺が一番面倒でしょう。
適当に覚えやすいもので大丈夫です。
ですが、忘れないように。
データをサーバーに置くため、スマホが壊れたり交換しても、問題なく使用が可能となります。

お薬情報の渡し方

処方箋片手に薬局につき、まず最初にやることは「お薬情報をみせる」ことです。
そのコマンドと薬局名を選択すると6桁のワンタイムパスワードが表示されます。
処方箋と一緒にみせましょう。

処方された薬情報の受け取り方

薬を受け取る時は、同時にQRコードが記載された紙が渡されますので「QRコードの読み取り」で読み込むだけです。
これで完了。


いつでも何月何日何時何分に、どういう薬を何錠もらったか、また、その薬の効果はなんなのかを観ることが可能です。

今回のオチ

スマホじゃない人はつかえないのがネックですが、それは仕方がないところですね。
スマホをお使いの方は早急に紙からアプリに変更をオススメします。
手帳を持っていく必要がなくなるだけでも便利だと思いますよ。

Twitterでフォローよろしくです♪

この記事を見た人が一緒に見た記事